Wikipedia:良質な記事/良質な記事の選考

ナビゲーションに移動 検索に移動

良質な記事にふさわしい優れた記事を見つけたり、作り上げたら、是非このページで推薦してみてください。あるいは、推薦されている記事を読んでみて、感じたことを投票という形でフィードバックしてみてください。記事に対するたくさんの意見や感想は、執筆者の励みとなります。

※推薦・投票の前に、選考のルールを一通りご確認ください。ルールに関する質問や意見はノートページにお願いします。

はじめに[編集]

  • 推薦・投票はログインユーザーのみとなります。
  • コメントは記事そのものに関して行ってください。

良質な記事の目安[編集]

以下に良質な記事の目安を挙げます。

推薦や、推薦された記事へコメントする際の参考としてください。

推薦の仕方[編集]

通常の推薦[編集]

IPユーザーによる推薦は不可です。ログインユーザならどなたでも推薦することができます。自薦・他薦は不問です。自薦の場合はその旨を述べて下さい。また、1人のユーザーが同時期に推薦できる記事の数は3つまでです。

  1. {{Wikipedia:良質な記事/良質な記事の選考/○○○_yyyymmdd}} というリンクを「選考中の記事」節の一番下に追加します。○○○には選考対象となる記事名を、yyyymmddは推薦した年月日を記述してください(年月日は推薦者の居住地域における標準時夏時間、あるいはUTCのいずれでも構いません)。
  2. 先の投稿によって追加されたリンク先に、以下の形式で推薦してください。推薦者としての賛成票は任意です。投票を控えても結構です。
    === {{subst:Article|選考対象記事名}} ===
    選考終了日時:'''{{subst:#time:Y年Fj日 (D) H:i|+14 days}} (UTC)'''
    *(推薦)推薦理由を記述。--~~~~
    *{{賛成}}:--~~~~
  3. 選考対象記事のノートページに{{良質な記事候補}}を貼付して選考中であることを告知します。
    書式:{{良質な記事候補|選考サブページ=○○○_yyyymmdd|よみがな=△△△}}
  4. さらに広く告知するために、Template:選考中の記事・画像一覧の選考中の記事リストに追加することもできます。

月間新記事賞と月間強化記事賞を受賞した記事の自動推薦[編集]

月間新記事賞と月間強化記事賞を受賞した記事は、自動的に推薦されます。ログインユーザーならどなたでも推薦の手続きをとることが可能で、自動推薦の記事については「同時期に3つまで」という推薦記事数の制限の対象外となります。推薦の仕方は上記の通常の推薦と同じです。推薦理由については、

*(自動推薦)20xx年xx月の月間新記事賞受賞記事。--~~~~

または

*(自動推薦)20xx年xx月の月間強化記事賞受賞記事。--~~~~

などとしてください。

投票の仕方[編集]

選考開始後に作成されたアカウントまたはIPユーザーによる投票は不可です(コメントは認められます)。推薦された記事を編集・執筆した人も投票可能です。投票・コメントは記事の全文をよく読んだ上で、以下の形式で行ってください。{{条件付賛成}}、{{条件付反対}}、{{保留}}などの下記以外の形式での投票は、最終的な投票集計では{{コメント}}と同等扱いとなるのでご注意ください。

  1. *{{賛成}}:記事に対するコメント--~~~~ - 現状で問題ないとき。現状でも良質な記事と認められるが、他に改善点がある場合にはどうぞご指摘ください。
  2. *{{コメント}}:記事に対するコメント--~~~~ - あと少し手を加えれば賛成しても良いとき。問題点を具体的に指摘してください。
  3. *{{反対}}:記事に対するコメント--~~~~ - 大幅に手を加えなければ賛成できないとき。

記事に問題点がある場合は、その箇所や改善策を具体的に指摘してください。主観を交えず、出来る限り客観的な批評を行ってください。投票内容についての質問がなされ、2週間以内に返答がないとき、投票は無効となる場合があります。不適切な多重アカウントブロック逃れによる投票・コメントは除去され、投稿されなかったものとして扱われます。ただし、選考終了後にさかのぼっての取り消しは行われません。

選考期間[編集]

選考期間は記事が推薦されてから2週間です。選考期間終了時点で賛成票が3票以上かつ2/3以上の支持がある場合は、良質な記事となります。

以下の場合に限り、どなたでも選考期間を最大4週間延長することができます。1回の選考は最大6週間までです。

  1. 記事の修正や査読など選考に時間を求める意見が出た場合、最大4週間延長することができます
  2. 延長の希望が表明されていない場合でも、2票の賛成票があり・かつ・反対票が投じられていない場合、選考期間が2週間自動延長されます

自動延長された選考は、希望が表明されればさらに選考期間を延長することができます。希望により選考期間が延長されている選考に対して、自動延長を適用することもできます。どちらでも、1回の選考期間は最大6週間までです。

早期終了[編集]

以下の場合は、早期終了として選考を直ちに終了することができます。

  • 反対意見のみ3票以上集まった状態が48時間継続した場合。良質な記事は見送りとなります。
  • 賛成意見のみ3票以上集まった状態が48時間継続した場合。良質な記事となります。
  • 賛成票がなく、推薦者が取り下げ意思を示した場合。良質な記事は見送りとなります。

選考が終了したら[編集]

選考が終了したら速やかに以下を実施してください。実施は推薦者でなくても構いません。

  1. 選考対象サブページ(Wikipedia:良質な記事/良質な記事の選考/○○○_yyyymmdd)に選考結果を記入する。
  2. 選考中の記事」節から選考対象サブページ({{Wikipedia:良質な記事/良質な記事の選考/○○○_yyyymmdd}})を除去する。
  3. ノートページから{{良質な記事候補}}を除去する。
  4. 記事がTemplate:選考中の記事・画像一覧に追加されていた場合、それを除去する。
  5. Wikipedia:良質な記事/良質な記事の選考/選考結果リストに選考対象サブページを追加する。
  6. 選考を通過して良質な記事となった場合は、
    1. 記事本文のカテゴリ・デフォルトソートの直上に{{Good article}}を貼付する。
    2. 記事のノートページに{{良質な記事}}を貼付する。
    3. Wikipedia:良質な記事/リストへ対象記事を追加し、分類の記事数(括弧内の数字)を更新する。
      (今までに分類方法で議論になり、一定の方針を決めたものについて、Wikipedia:良質な記事/リスト/分類基準にまとめられています。)
    4. Wikipedia:良質ピックアップ/ダイジェスト版未作成記事リストに対象記事を追加する。
    5. Wikidataにおける記事のSitelinkにGood articleバッジを割り当てる(登録利用者のみ可能です)。

選考中の記事[編集]

現在時刻: 10月 16日 水曜日 14:21 (UTC) (キャッシュ破棄

ドリアン (果実) - ノート[編集]

選考終了日時:2019年10月24日 (木) 16:36 (UTC)

  • (自動推薦)2019年9月度の月間新記事賞受賞記事。--totti会話) 2019年10月10日 (木) 16:36 (UTC)
  • コメント 非常に悩みました。内容の充実度では文句なしです。しかし、やはり英語版からの翻訳したことに由来する独特の文の調子が気になります。もう少し推敲して自然な日本語にする必要があると思います。--Tam0031会話) 2019年10月11日 (金) 15:24 (UTC)

日本女子体育専門学校 (旧制) - ノート[編集]

選考終了日時:2019年10月24日 (木) 16:37 (UTC)

  • (自動推薦)2019年9月度の月間新記事賞受賞記事。--totti会話) 2019年10月10日 (木) 16:37 (UTC)
  • 賛成 かつて存在した学校について、様々な角度から詳細にまとめられており、良質な記事の水準に達しているものと思います。--Tam0031会話) 2019年10月11日 (金) 15:25 (UTC)

戸倉ハル - ノート[編集]

選考終了日時:2019年10月24日 (木) 16:38 (UTC)

  • (自動推薦)2019年9月度の月間新記事賞受賞記事。--totti会話) 2019年10月10日 (木) 16:38 (UTC)
  • 賛成 この方の生涯がよくわかる内容になっているものと思います。--Tam0031会話) 2019年10月14日 (月) 16:08 (UTC)

税所敦子 - ノート[編集]

選考終了日時:2019年10月24日 (木) 16:38 (UTC)

  • (自動推薦)2019年9月度の月間新記事賞受賞記事。--totti会話) 2019年10月10日 (木) 16:38 (UTC)
  • 賛成 この方の生涯がよくわかる内容になっているものと思います。さすがにここまでの忠義というのは現代的ではないのでしょうけれど。--Tam0031会話) 2019年10月14日 (月) 16:09 (UTC)
  • 賛成 個人的には引用によって本文が頻繁に切断されるのが若干読み辛く感じますが、全体として人物伝として良くまとまっていると思います。--TEN会話) 2019年10月15日 (火) 14:10 (UTC)

福山そごう - ノート[編集]

選考終了日時:2019年10月24日 (木) 16:40 (UTC)

  • (自動推薦)2019年9月度の月間新記事賞受賞記事。--totti会話) 2019年10月10日 (木) 16:40 (UTC)

ソグド人 - ノート[編集]

選考終了日時:2019年10月25日 (金) 00:04 (UTC)

  • (自動推薦)2019年9月の月間強化記事賞受賞記事。--Trgbot会話) 2019年10月11日 (金) 00:04 (UTC)
  • コメント 悩んだのですが月間強化記事賞の投票から外しました。理由はソグド人の「民族」の定義が不明瞭だからです。どのような要素を含むと、この人はソグド人だ、あの人はソグド人ではないと切り分けられるのでしょうか。Wikipedia:スタイルマニュアル (導入部) にある通り、導入節では主題を定義し、間違いやすい事柄にも言及すると規定されており、スタイルマニュアルは良質な記事の選考目安として掲げられているので、修正・加筆をお願いしたいです。
そもそも民族の一般的な概念が曖昧なので、Wikipedia上で民族の記事を執筆する際には慎重に定義文を書かねばならないでしょう。特に、その民族が「過去に存在した」(今はその民族概念が消滅している) とのニュアンスを含む場合は、さらなる慎重さが必要です。例えばJETROアジア経済研究所でも触れられていますが、民族にはNation-state (国民国家) もあれば、言語・居住地・信仰・慣習などで括るEthnic groupもあります。前者のNation-stateであれば、A国家が滅びればA国民の概念は消滅するので、A民族が現存しない理由になります。同様にB言語やB宗教で民族を括っている場合は、別のものに乗り換えてしまえばB民族は消滅します。
翻ってソグド人。ソグド語を話し、ゾロアスター教を信仰していたことをソグド人の定義とするならば、後の同化によって消滅した理由も分からなくないです。しかし現在の記事では、ソグド人は「ザラフシャン川流域地方に住んでいたイラン系(ペルシア系)のオアシスの農耕民族」と書かれ、一方で「商業を得意として定住にこだわらず」とも書かれています。農耕民族ならば一般的には定住しており、ザラフシャン川流域地方から引っ越さなければソグド人という民族は残っているはずです。定住かキャラバンかは民族を定義する上で重要なファクターだと思うのですが、どちらもソグド人に含めるというのは定義上混乱します。--ProfessorPine会話) 2019年10月11日 (金) 02:51 (UTC)
  • 賛成 :自動推薦を見て来ました。投票期間内の主な加筆者です。他の方も誤字の訂正などをしてくださっており、賛成します。以下、指摘です。
  1. 「その他の習慣」については出典が確認できなかったので、分かる方がいれば出典をお願いいたします。なさそうであれば、コメントアウトまたは削除します。
  2. 「石人」についてコメントアウトがされていましたが、中国語版のこちらの記事 ( http://zh.wiki.sxisa.org/w/index.php?title=石人&oldid=35731143 にあたるものと考えられます。 --Moke会話) 2019年10月11日 (金) 11:29 (UTC)
  • 反対 元の状態から大幅に改善されていると思いますが、現時点では反対で投票します。個人的に関心の強い主題であることもあり、不必要に判断が厳しい可能性が高いですが、まだ改善すべき点は数多く残されていると思います。長くなってしまうので§歴史までについて述べます。
  • 出典の取り扱いについて
    • 『『モノから見た海域アジア史 - モンゴル~宋元時代のアジアと日本の交流』『ユーラシアの交通・交易と唐帝国』『大唐西域記』の3点を除いて、出典と対照し確認しました。
    • 概ね齟齬はないのですが、いくつか帰属化されている出典から見て不適当である記述が見受けられます。荒川 2003を例にとると、冒頭の「近年の研究では、シルクロードを経済的に支配していたといわれている」についてはpp. 10-12の説明では、奢侈品を取り扱うキャラバン交易がほぼソグド人の独占状態にあったとはあるものの、これを「経済的に支配していた」と描写するのは大きな飛躍であると感じます。
    • また、ヘロドトスの引用については、確かに『歴史』にその通りあるのですが、ハカーマニシュ朝の徴税体制についてのヘロドトスの文章をそのまま信用して良いかどうかはかなり疑問符が強く(少なくとも日本語版の役者である松平氏は該当部分に多数の注釈を付けて注意を促しています)、引用にあたってはそうした信憑性の問題には触れる必要があると考えます。
    • 細かい点ですが、出典の司馬遷を「司馬 2013」と表記するのは個人的にはかなりわかりづらく、単純に「司馬遷」とするか、役者の名前を付記した方が良いと思います。
  • 「民族」の問題
    • 概ねProfessorPineさんの指摘されている通りですが、ソグド人を如何に定義するかという点について問題があります。私が知る限り「ソグド人とは何か」という問題について明解に説明している書籍・論文はあまり存在しないので帰属化が難しいのですが、おおむね「ソグド」という名称で呼ばれる、または「ソグド語」を使用している人々の総体を指す言葉として「ソグド人」という用語が使われていると言って良いと思います。この点について「イラン系(ペルシア系)のオアシスの農耕民族。また、商業を得意として定住にこだわらず、シルクロード周辺域の隊商をはじめとして多様な経済活動を行った」という職能と結びつけての説明は適切ではなく、単純な話として交易に従事していても、農耕に従事していても(また安禄山に言及するのであれば軍人として活動していても)、「ソグド人」であるとすれば、ソグド人の定義と職能は直接的に結びつかないように見えます。また、注釈レベルでもソグド人という「民族」が近代的な民族のそれとは異なることは説明が必要であると思います。
  • 構成の問題
    • §歴史の構成は特に地理的な面において各小節の脈絡が乏しい状態です。ソグディアナ(§アケメネス朝~§ヘレニズム国家)⇒モンゴリア(§遊牧国家)⇒西域・中国(§奄蔡・康居~§突厥・ウイグル)⇒ビザンツ帝国(§ハザール)⇒西域・中国(§トゥルファン・敦煌~ソグド系テュルク人と安史の乱)、ソグディアナ・中国(§イスラム王朝~§同化)と焦点が移動しますが、これほど広大な範囲における出来事を一本の歴史として接続するのは困難です。これは記事の問題というよりは、ヴィシエールが語るように、ソグド人についての史料残存状況が断片的で、しかも外部の記録者によるものばかりである点によって必然的にこうなるものですが、ソグド史を語る上ではこの史料的問題についてしっかりとした説明がされなければならないと思います。特に、「本国」たるソグディアナの描写が薄いのに対して中国のソグド人の説明が具体的であるのはまさにこの史料残存状況の反映ですが、その説明がない状態では非常にバランスを欠いた構成に見えてしまいます。
  • 史料について
    • 構成の問題で述べた内容と被りますが、ソグド人について語る時、利用できる史料の問題はほとんどの書籍・論文で触れられる点であり、「項目に記述されるべきトピック」の中でも優先度の高いものと考えます。どの程度の詳細さで説明するかという点は何とも言えませんが、読者に対してソグド人の理解について留意すべき事項として史料について提示される必要があると思います。--TEN会話) 2019年10月14日 (月) 17:45 (UTC)

タイの歴史 - ノート[編集]

選考終了日時:2019年10月25日 (金) 00:04 (UTC)

  • (自動推薦)2019年9月の月間強化記事賞受賞記事。--Trgbot会話) 2019年10月11日 (金) 00:04 (UTC)
  • 賛成  私自身あまりこのようなジャンルについては強くないですが、全ての目次ごとに非常によく書かれて丁寧に一文一文に出典が付けられており、良質な記事にふさわしいと思います。--パックリガム会話) 2019年10月11日 (金) 06:22 (UTC)

フーコーの振り子 - ノート[編集]

選考終了日時:2019年10月25日 (金) 00:04 (UTC)

  • (自動推薦)2019年9月の月間強化記事賞受賞記事。--Trgbot会話) 2019年10月11日 (金) 00:04 (UTC)
  • コメント ノート:フーコーの振り子#参考文献精査のお願い にて指摘済ですが、出典に使用したとする文献の列記に不備が多いため、現時点では検証可能性を十分に担保しているとは残念ながら言えません。また、本文中に出典が欠落している箇所がそこそこあるのも気になります。主題に対する網羅性は良好ですし、画像なども豊富に使われて分かりやすさの配慮もなされているだけに、惜しいと感じます。--ProfessorPine会話) 2019年10月11日 (金) 02:13 (UTC)
  • 賛成:充実した記事になっていると思います。細かいことばかりですが、以下の点が気になりました。
    1. (1-1)式の前提として振り子の振幅角が小さいことが必要なのを記しておいたほうがいいのでは。
    2. (2-1)式の導出過程、最南端・最北端という限定付きで出したはずの相対速度 ωrsinθ をとくに説明なく振動面一周に亘って一定に置き換えてるのが気になりました。出典どおりならしょうがないですけど、振動面が回転することを仮定として受け入れているのと同じく、ωrsinθ 一定も仮定として受け入れていることも明記しておいたほうがいいのではと思いました。
    3. 「支持装置」の「また弦に直接曲げ力が働くため疲労破壊の可能性もある[26][27][25]。」の[27]と[25]がダブっているようです。
    4. 「錘の軌道」の「ここで振り子の周期に対して地球の自転周期は無視できるほど小さい」は妙に感じました。通常、「周期」の単位は時間なので、を主張するなら「ここで振り子の周期に対して地球の自転周期は非常に長い」あるいは「ここで振り子の振動速度に対して地球の自転角速度は無視できるほど小さい」というべきかなと思いました。一般的には、「周期が速い/遅い」などのようにルーズに「周期」という言葉に角速度の意味も含有させることも多々ありそれ自体は構わないのですが、この記事は物理の記事であることと、他の箇所で現れる「周期」の単位は時間のようなので、修正しておいた方がよさそうです。
--Yapparina会話) 2019年10月15日 (火) 15:54 (UTC)

汪兆銘 - ノート[編集]

選考終了日時:2019年10月25日 (金) 00:04 (UTC)

  • (自動推薦)2019年9月の月間強化記事賞受賞記事。--Trgbot会話) 2019年10月11日 (金) 00:04 (UTC)

第104回天皇賞 - ノート[編集]

選考終了日時:2019年10月29日 (火) 07:29 (UTC)


関連項目[編集]